メインコンテンツにスキップ

ESGとサステナビリティチーム

進化し続けるESGを、Workivaがサポートします

ESG、財務報告、監査、リスクの各チームを結び付ける唯一のソリューションで積極的に取り組みましょう。

Workivaプラットフォームを使用したESG報告

進化するESGへの対応をWorkivaがサポートします

ステークホルダーや投資家の期待は常に変化しています。監査に対応したダイナミックなプラットフォームは、要求を満たし、上回るために必要な競争上の優位性です。

ESGプログラム

ESGプログラムによる戦略の完全な運用化


GHG炭素データ、社会的指標、または世界中のさまざまなチームによるエネルギー転換計画で協業していますか?ESGに対する中間目標を割り当て、取締役会レベルの最新状況報告を用意する必要がありますか?それには、データ収集を合理化、更新を追跡し、ワークフローを加速化、そして、組織全体の進捗状況を地域および世界中でリアルタイムに測定するソリューションが必要です。

workivaプラットフォームのesg
ESGエクスプローラー

ESG Explorerで最高位の基準とフレームワークに適合


SASB、TCFD、GRI、CDPなどへの対応や、格付機関向けに自社のストーリーを管理したい場合などにも、投資家に信頼される当社のプラットフォームを活用することによって、国際的に認められた基準とフレームワークをすぐに利用でき、財務報告と非財務報告を一体化させることができます。

workivaプラットフォームのesg
ESG PATH

ESG Pathで旅を始めよう

ESGの旅を始めたばかりの段階でも、その過程を単独で歩む必要はありません。マテリアリティ評価テンプレート、合理化された一連のESGトピックと指標、すぐに使用できるサステナビリティレポートの例、投資家および取締役会向けの資料など、簡素化された4段階のプロセスにアクセスし、プログラムを立ち上げて実行することができます。ESG Pathでは、お客様からヒントを得た最高のガイドでチームの成長をサポートします。

workivaプラットフォームのesg

ESGをGRCおよび財務報告と連携させ、業務を簡素化

Workivaは、最高サステナビリティ責任者、ESGコントローラー、ESGマネージャーを始め、さまざまな役割に対応し、財務、監査、リスクチームの問題を解決します。

ビデオ
「より良いESG報告と世界を実現するためにWorkivaを活用」動画を視聴
ESGレポート101: 知っておくべき情報
財務報告の厳しさをESG報告にも活用

さっそく活用してみましょう

Workivaプラットフォームの概要

現在、オンライン登録はご利用いただけません。

このイベントに登録するにはevents@workivaにメールでご連絡ください。

現在、フォームがご利用いただけません。

info@workiva.comまでお問い合わせください

現在、フォームがご利用いただけません。

info@workiva.comまでお問い合わせください