メインコンテンツにスキップ

WORKIVAについて

透明性の高いレポーティングを実現する世界有数のクラウドプラットフォーム

私たちの目的に合ったテクノロジーソリューションは、プロセスを合理化し、データとチームをつなぎ、一貫性を確保します。すべてが管理された、安全な監査対応のクラウドプラットフォーム内で行われます。

目的に合ったWorkivaプラットフォームのイラスト

Workivaは、データの管理および報告の方法を変革します。世界中の企業が当社の接続型クラウドプラットフォームを利用し、コラボレーションをシームレスに実現し、既存のワークストリームに深く統合して、財務およびESG報告を簡素化しています。

Workivaの使命は、より良い世界のために透明性のあるレポーティングを強化することです。

私たちの企業としての価値観とリーダーシップの原則は、ソフトウェアを構築し、顧客を保護する方法から、従業員への接し方、イノベーションの文化の育成、そして世界に与えるポジティブな影響まで、私たちの行動すべてに反映されています。

2,100以上

従業員

19

北米、欧州、アジアの各地域にグローバル拠点を展開

5,300+

顧客

200以上

アドバイザリーおよびテクノロジーパートナー

働きがいのある会社

「Fortune 100 Best Places to Work For®」に3年連続選出

15

主要なソリューション/製品グループ

180以上

Workivaが使用されている国

97% *

顧客維持率(*2021年第4四半期)

 
分析用のスプレッドシート ERP 1&2データ提出

当社の取り組み

Workivaは、Fortune500®の75%を始めとする世界中の何千もの組織の複雑な作業を簡素化しています。当社のクラウド技術であるWorkivaプラットフォームは、目的に応じた接続型のレポート・コンプライアンスプラットフォームで、プロセスの合理化、データとチームの接続、一貫性の確保を、すべて管理された安全で監査可能なプラットフォーム内で実現することができます。Workivaを使用することで、重要なビジネスデータをソースシステムから直接クラウドプラットフォームに接続し、既存のワークストリームへのコラボレーションと深い統合をシームレスに実現することができます。

Workivaのプラットフォームは、あらゆるステークホルダーに比類なき信頼性、透明性と保証を提供します。こうした理由から、180か国、数千社の企業がWorkivaプラットフォームを活用しています。

世界中のビジネスを支援します

Workivaは、独自のプラットフォームアーキテクチャで目的に合ったソリューションをプラットフォームの拡張機能として作成・構成し、高速で提供しています。私たちは、即座に幅広く適用できるように設計された新しいソリューションを追跡し、開発し、リリースするための規律あるアプローチを採用しています。当社のソリューションは、以下のようなチームの複雑な作業を簡素化するために活用されています。

会計

キャッシュフロー計算書、損益計算書・貸借対照表、取締役会報告、SEC報告、年次・中間報告書、経営レポーティング、ACFR、予算帳簿、グローバル法定報告書

監査、リスク、コンプライアンス

監査管理、SOX法対応、統制管理、ERM(エンタープライズリスク管理)、ポリシー・手続、OMB A-123

財務計画と分析

取締役会報告書作成、KPI・フラッシュレポート、予算・予測レポート、事業部門・製品ラインレポート、CFOプレゼン、経営レポーティング

法務

資本市場取引(S-1、S-3、S-4)、委任勧誘状

金融サービス

目論見書、株主報告書、CCAR、DFAST、RRP、保険数理メモ、保険法定報告書